BEAVERS BOOKS
HOW
NEW
INFO
状態
TERMS
BLOG
twitter
買取
LOGIN
CONTACT

PHOTO
ART/DESIGN
ARCHITECTURE
STYLE
SUB-CULTURE
CHILD
HOBBY
MUSIC
MOVIE
COMIC

読物、評論、写真家について他

並び順を変更 » 

印象派がどのような背景から生まれたのかを考察し、同時代に画家たちに大きな影響を与えた「写真」との関係性や構成への影響などを考察した展示会図録。 発行年 2009 / 342ページ 28×23cm / 状態B+ / とくに目立つイタミなし・並〜良
2,200円(税込)
[sold out]
1970年代、写真の極限を極めた著者による、挑発的写真論。晶文社73年刊「なぜ、植物図鑑か」より再編集。「なぜ、植物図鑑か」「記憶という幻影 ドキュメントからモニュメントへ」「グラフィズム幻影論」収録
[sold out]